もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
のんびり行こうぜ 20:55
0

    ニュージーランドに行く前は、割と分刻みの生活をしていた。
    仕事では、1秒どころか1/30秒まで気を遣っていた。
    いたるところに時計があり、僕自身も結納返し(結納などしていないが、婚約指輪のお返しにもらった)の腕時計を四六時中左腕にはめていた。

    ニュージーランドに行くにあたって、かみさんとお揃いのダイバーズウォッチを買った。
    田舎町や自然の中にいる機会が多かったので、身近には時計が無く、腕時計はやはりいつも身につけていた。

    しかし、日本に帰ってきて、すぐに時計を腕からはずした。
    時差が1時間半あるままの時計を。

    日本には至るところに時計がある。
    街の中にも家の中にも。

    時計は必要なかったし、僕はニュージーランドで過ごした時間が身に付いていた。
    それは日本とスピードが違った。
    日本はスピードが速く、帰ってきたときについて行けなかった。

    目が回る。


    今はもう目は回らないが、腕時計はしていない。
    僕の持っているすべての腕時計は電池切れで止まっている。
    でも、ケータイやPCには時計が付いているので、ときどきチラ見してしまう。
    時間を気にしてはいなが、参考にしてしまう。

    杜の樹の中にもいくつか時計がある。
    でも、そのいくつかは狂っているし、いくつかは止まっている。
    なんかここではそれもいいような気がする。

    「小樽時間」と呼ばれている時間がある。
    まあ、ちょっとルーズな感じで、待ち合わせなどに遅れたときの言い訳のように使ったりしている。

    きっと「もりのき時間」というのも存在しているかもしれない。
    ゆっくり、のんびりとし1時間ほどの時差があるかもしれない。
    ちょっと時代遅れの過去の時間帯かもしれない。

    ゆっくり進む時の流れ。

    分刻みに旅をするより、
    ときどき何もしない日がある旅をしたい。
    その日は
    のんびり本を読み、
    洗濯をし、
    パスタを茹でみたり、トマトソースを作ってみたり。
    映画を見て、
    昼寝をし、
    パンを焼いてみたり、おにぎりを作ってみたり。
    サンダルで散歩に出掛け、
    高台から港を眺め、
    ネコを手なずけてみたり、誰かの家の庭の花を愛でてみたり。

    旅の途中の休日。

    そんな一日を過ごしてみるのはいかがかな?

    「のんびり行こうぜ」書籍:野田知佑
    | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
    幸福らしきもの 23:38
    0
      美味しいコーヒー
      美味しい酒
      美味しい食べ物
      二人でのひととき
      にぎやかな人々とのひととき
      楽しい人々とのひととき
      嬉しい人々とのひととき
      愉快な人々とのひととき
      読書
      映画
      写真
      音楽









      晴れ
      青空



      ネコ


      宿




      そして、一人の時間

      幸福らしきものをあげるときりがない。

      きっと同じように不幸らしきものもあるだろうが、あまり思いつかない。思いついても言わない。

      ここがそんな「幸福らしき宿」になれたらいいなぁ。

      「幸福らしきもの」書籍:原田宗典
      | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
      ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け 22:26
      0

        10年経ったからとか、11年目だからとか、口では言ってみるものの全く気にしていない。
        だからどう変化するとか、決意を新にとか、これからも頑張るとか、あまり気負ったことは思いはない。

        たぶん昨日と今日は差ほど代わりはなく、今日と明日も差ほど代わりはない。

        「年年歳歳花相似
         歳歳年年人不同」


        でも、常に新しい朝が来て、常に新しい一日が始まる。
        昨日と差ほど変わりない世界ではあるが、どこかが違う新しい世界。

        それが、ただ11年目を迎えたというだけのこと。


        さて、ゆっくりと暮らしていきましょう。

        のんびりと旅していきましょう。

        たぶんここはそれほど変わらず、ここにあり続けるでしょう。

        「年年歳歳宿相似
         歳歳年年不同
         日々是旅



        「ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け」映画:山川直人監督

        | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
        にぎやかな人々 23:24
        0
          今日は杜の樹10才の誕生日。
          たくさんの方が来てくれました。
          たくさんの差し入れがありました。
          お花にケーキにワインに手打ち蕎麦に一輪挿しにビールに日本酒にトバに旅行記にドーナツにお菓子に観葉植物に漬け物にフルーツに回転オブジェに赤飯に潮汁にダッチオーブン料理に・・・

          40名弱の人が集まって、ワイワイがやがや。
          やっぱり、乾杯もなく、ただ食べや飲めや語らいや!
          初めてお会いする方もいたし、
          以前泊まったことがあって、たまたま旅の途中で立ち寄ってみたら、パーティをやっていたので、強制参加させられたり、
          新婚旅行できた旅人や
          これから結婚しようとしているカップルや
          婚約中の一人旅や
          誕生日の前日のアメリカ人や、
          明日小樽を離れて東京で働く人や、
          仕事帰りの人や、
          親の見舞いに来ている人や、
          酔っぱらいや
          男や女や若者や年寄りや・・・
          今日だけでいろんなにぎやかな人々がもりのきに集まった。

          ほんと10年間、いろんな人に出逢った。
          みんな素敵でにぎやかな人。
          それは、杜の樹の宝。
          なによりのギフトです。

          ありがとう。
          ありがとう。




          「にぎやかな人々」音楽:坂本サトル
          | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
          The Nightmare Before Christmas 20:14
          0
            別にクリスマスの話ではない。

            写真は杜の樹の宿帳である。
            400ページあり、1ページ32行。
            一人1行として、12,800人、記することになる。(実際は連泊者も多いので、延べ人数はもっと多い)
            今やっと半分弱。
            折り返し地点だ。

            この宿帳は、もちろんオープン前に用意した。
            なぜこんなノートにしたかというと・・・
            まだニュージーランドへ行く前、普通に会社勤めしていたころに見た映画「バートン・フィンク」(1991年・コーエン兄弟制作)のあるシーンで、分厚い宿帳に名前を書くシーンがあった。
            それがソコハカトナク印象に残っていて、いざ宿をやろうと思ったとき「あんなふうに何年、何十年と同じ宿帳を使って見たら、オモシロイかも」と、頭を過ぎった。
            映画に出てくるよいな格好いいノート(?)はなかなか手に入らなかった。
            仕方がないので、文房具屋にあった一番大きなノートを購入し、それにちょっと細工をした。

            さて、10年も経つとだいぶんボロくなってきた。
            最後まで持つのだろうか?


            で、なんで「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」かというと・・・その「バートン・フィンク」の映画で、「バートン」・・・「ティム・バートン」と、頭を駆けめぐり、「じゃあ、これでいいかぁ。」となってしまった。

            クリスマスは、一応キリストの誕生日だし、その前のことだし、悪夢だし・・・「悪夢?」
            杜の樹をはじめるにあたって、「ナイトメアー」はあったのかな?
            と思い返してみると、あったような無かったような。
            結構「悪夢」的なことがあっても、僕は元来忘れっぽいので、「あったかも?」とあやふやな記憶の世界を漂ってしまう。

            今日もまたノートが数行埋まった。

            「The Nightmare Before Christmas」映画:ヘンリー・セリック監督
            ティム・バートン原作
            | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
            << | 2/7 | >>