もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
海からの賜り物 22:56
0
     「小樽の港に行きましたか?」と聞くと、かなりの確率で「いいえ」と答える旅人が多い。小樽に来て、運河までは行くものの、そこから先にある港には行かないのだ。海も車窓から見るだけで、終わってしまうことも多い。
     小樽は港町であり、海のある町だ。市内には9つもの海水浴場がある町はそう他にはない。寿司にしろ、運河にしろ、浮き玉から発展したガラス工芸にしろ、元は海に由来している。海があるからこそ、小樽という町があるのだ。
     そんな小樽でもっと海を楽しんでもらおうと、小樽運河クルーズが始まった。私も何度か乗せてもらったが、水面から見る小樽運河や港は格別な趣があり素晴らしい。
     また、今月23日は貯木場の跡地を利用して、いかだレースが開催される。制限時間内に決められた材料だけでいかだを作り、その後タイムレースが行われる。私は旅人を伴って過去2回出場しているが、実に愉快な大会だ。
     さらに、海の情報サロンの開設や子供向けの海の体験学習、アクアスロン(水泳とランニング)など、楽しい海のプロジェクトが企画実行されている。
     海から元気をもらい、心もカラダも町も笑顔になっていくような気がする。そんな小樽の海へ来ませんか?
    2009年8月18日 北海道新聞(朝刊)「朝の食卓」 より
    これは校正前の原稿で、新聞掲載とはちょっと違います。タイトルも掲載時には「小樽の海」となっています。
    | MorinoKi's Column | comments(0) | posted by masa - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>