もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
わが愛 北海道 23:57
0

    スカパー!の日本映画専門チャンネルで、「戦後ドキュメンタリーの原点 〜特集 岩波映画に見る昭和の日本〜」という特集を今月やっている。
    その中で北海道電力が創立10周年を迎えたのを機に、PR映画として企画された作品があった。1962の作品である。
    監督・脚本は「父と暮せば(2004)」などの黒木和雄。
    助監督に東陽一(「四季・奈津子」1980)の名前があった。
    今から47年前の小樽の映像があり、非常に感動した。
    映像も綺麗で見応えがある内容であった。作品としても北電のPRという感じではなく、ドキュメンタリーではあるが、小樽の女性との恋の話もあって、つい見入ってしまった。
    詳しく書きたいところですが、こういったモノは見た方が良いと思うので・・・

    もし見たい方がいらっしゃたら、杜の樹までお越しください。
    永久保存版としてDVDで取ってありますので。
    | もりのき日和 | comments(2) | posted by masa - -
    Comment








    ご無沙汰です。
    是非、このDVD貸してくださいな。

    今日、観光協会理事会、ご一緒出来たらちょっとお話を。
    よろしく。
    posted by 蕎麦屋親爺 | 2009/03/31 10:42 AM |
    初めてメールさせていただきます。青柳と申します。よろしくお願いいたします。今から50年前、先輩に連れられ、渋谷の映画館で見たのが、この映画{わが愛北海道」でした。数年前から、DVDなどでこの映画を探しておりますが、見つかりません。お借りすること、あるいはお譲り頂くことが可能なのか、お考えをお聞かせ頂ければ幸です。不躾で申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。2013.5.9.
    posted by 青柳 次男 | 2013/05/09 11:31 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>