もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
2011マイビール造り【第64日】 23:59
0
     
    今日はビール造りの最後の行程。
    雪の降る中、小樽運河のほとりへ行く。
    気温はご覧の通り。。。そんなに寒くないよ。
     
    最終日、参加者もたくさん。
    始めと終わりはみんな来るようです。
    ブラウンさんから今日の作業の説明。
    今日は樽詰めです。

    まずは、製品タンクから樽詰め用の装置?にパイプをつなげます(写真無し)
    樽にはあらかじめ炭酸ガスが入れてあったので、もう一度ガスが抜けたないか圧力をチェック。
    ときどきパッキンが弱くなって、ガス漏れしているのがある。
     
    樽詰めの装置?の説明。
    圧力を一定に保ち、ビールを積めていきます。
    わりと簡単です。

    さてはじまりました。 
    樽(ケギー)は5リットル用です。 まず重さを量ります。(写真無し)
    その後、樽詰めがはじまります。 
    詰め終わったら、また重さを量ります。
    樽の詰め方によって、多少量が多くなったり少なくなったり。。。
    自分の樽は少しでも多くしようとみな虎視眈々。。。
     
    こんな装置?です。
    圧力を一定に保つので、細い管からガス抜きをします。
    出てくるのは、ガスだけでなくビールも出てきます。
    なので、もったいないからジョッキで受けます。
    あとでスタッフで美味しく頂きましたw。

    どんどん樽(ケギー)が出来てきます。 
    今年は樽で持って帰る人が少なく、ビンが多いです。 
    でも実は樽の方が美味しいんですよ。
    本当です。
    うちは5リットル樽2とビンを3ダース。
    樽は【もりのきぼうねんかい】やお正月に飲みます。
    ビンは、お歳暮として配ります。
     
    カンパーイ
    出来たてほやほやのビールで、試飲という名の飲み会ですw。
    今年も美味しいビールが出来ました。
    杜の樹では、12月17日の【もりのきぼうねんかい】で、振る舞い酒として提供します! 
    飲んでみたい方はぜひお越しくださいw 

    参加者のみなさまお疲れさまでした。
    小樽ビール様、小樽倉庫No1様、今年もありがとうございました。 
    | ビール造り | comments(0) | posted by masa - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>