もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
ビフォーアフター 16:05
0
    やっと第一期のリフォームが終わろうとしています。
    長かった。 半年かかってしまった。電気や水道以外は一人でコツコツとやってきました。
    まだ引っ越し前で、もう少し細かな手直しをしています。

    ※「大改造!!劇的ビフォーアフター」というTV番組があるそうですが(見たことない・・・TVないので・・・)、僕は全くのシロートの上、資金はほとんど無し。そんなシロートのやることなので、綺麗に出来なかったけど、なんとか形になってきました。とにかく1/1の設計図なしのプラモデルを作ってるようでした。

    ※コレまでの行程などはこちらを見てください。→艸々庵 Re-Home

    玄関からはいると、まずは居間。 ドーンと奥まで開けっぴろげです。床は1x4を張りました。壁は漆喰(主な部屋の壁は漆喰です)。奥の部屋はOSB材です。

    キッチンも、こんな感じで壁をぶち抜きました。L字にカウンターがあります。

    真ん中の部屋はもともと和室。というかこの家はたぶん全部が和室だったようですが。畳を取りスタイロフォームを入れて床張りに。床の間はこんな感じにしてしまった。本棚になります。

    一番奥が寝室になります。押入を取っ払って、やや広めに。ドアの向こうはトイレへの廊下です。ドアの横には明かり取り。プラ波板を使用。手前のすのこは、ベッドを作りました。


    キッチンから見た居間。出入口のコーナーにRを付けました。ストーブの後ろはレンガタイルを貼りました。

    キッチン。IHです。キッチン自体は古いモノで、扉を取り、黒くしました。キッチンに天板は木にしました。タイルは外壁用ですが、タダでもらったモノ。床は白と黄色のPタイル。天井の一部にトタンの波板を使用。

    キッチンからお風呂とトイレのある廊下。仕切のドアはプラの波板で作りました。

    その廊下の天井。トタンの波板をカマボコ状に。壁はOSB材。左のドアはお風呂ですが、たぶんこちらは第2期か3期のリフォームで。


    トイレのドアと丸い明かり取り窓。実はトイレの日当たりがよく、この廊下が暗いので、作りました。ガラスではなくプラダンを使用。この左側に離れ(?)へ続く秘密のドアあり。離れは第3期か4期のリフォームになりそうです。(さて、何の部屋にしようか・・・?大浴場案や蕎麦道場案、下宿案、ジム案、犬小屋案などいろいろありますが・・・)
    ※コレまでの行程などはこちらを見てください。→艸々庵 Re-Home

    さて、こんな感じでやっと引っ越しできそうです。

    あと直していない部屋がまだあります。玄関も直したいです。
    でもあとは住みながらやるつもりです。予定としては、
    第2期は、玄関と風呂。
    第3期は、キッチン横の部屋と縁側。
    第4期は、離れと庭。・・・かな?(第2期以降はいつかは未定。予算もないし・・・)

    その前に、雪祭りシーズンまでに客室の増設をしなきゃ。とりあえずの個室を作ります。(3人部屋かな?)

    引っ越しは次の連休を考えています。(11/21か22か23)
    お手伝いボランティア募集中!(詳しくは連絡ください)
    引っ越し蕎麦か?ジンギスカンか?何かあるかも・・・
    勤労感謝の日に、勤労していただくので感謝のシルシとして・・・
    旅人も大歓迎!(何らかのサービスあり!)
    ご連絡を・・・
    | 艸々庵 | comments(0) | posted by masa - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>