もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
それさえも おそらくは 平穏な日々 21:17
0

    過ぎてしまえば、全て「よかった」と思えるようになる。

    「10年やってきて、一番の出来事は?」
    「宿を始めたことです。」

    「10年やってきて、一番楽しかったとことは?」
    「宿を続けられているということです。」

    「10年やっていて、一番辛かったことは?」
    「こんな質問を受けていることです。。。」

    と・・・いう具合に全くTV的な話はない。
    涙ながらに「あのときは本当に死のうと思ったぐらい大変でした」などという話は、あったかもしれないが、そんな話してどうなるのだろうかと、いつも思ってしまう。
    乗り越えたんだし、死ななかったんだからいいじゃないか。

    でも、僕はこうは言っても、それほど野放図な楽天家ではない。
    結構ダメダメ人間で、いつも壁にぶち当たっている。
    「行き止まりばっかり」
    と、よく言っていた。
    失敗や後悔も多いし、後に尾を引くことも少なくない。
    ま、そういう時はブツブツ言いながらでも引き返せばいい。

    最近は疲れることも多くなってきて、
    ゲストがいないと、かなりだらけている。(飛び込みが来ると慌ててしまう)
    ONとOFFの切り替えがうまくいかないのかもしれない。
    ゲストがいれば、それはもうフル回転のレッドゾーン(ではないが、それなりに)で、楽しく軽やか(?)に動いている。
    でも、ゲストがいない時でも、スイッチが切れず、気持ちは常に「ON」状態で、ちゃんと動いてればいいが、ときどき、やる気の回転数がガクーンと遅くなったり、ダラダラと悪態を垂れ流したり、プスプスと後悔がくすぶっていたり、急にドッカーンと怒りのバックファイヤーしたりしている。(かみさんにはいい迷惑だ)

    完全OFFにしてオーバーホールも必要だなぁ。

    ま、もう少し動けるトコまで、動いてみよう。
    「行き倒れバタリ」となってしまうかな?

    だって過ぎてしまえば、みな平穏な日々。

    当時はものすごく大変だったとしても、
    どんなに破天荒な毎日あっても、
    スリルと誘惑に満ちた旅をしてきたとしても、
    あとで思うと「それさえも おそらくは 平穏な日々」。

    そう、この10年もおそらくは平穏な日々だった。

    これからも豪華絢爛紆余曲折冒険活劇滋養強壮酒池肉林波瀾万丈商売繁盛五里霧中四苦八苦安全第一危機一髪七転八倒誇大妄想四面楚歌年中無休金襴緞子一攫千金戦争反対百発百中支離滅裂な毎日を過ごしていこう。

    そして、あとになって「ああ、なんて平穏な日々だったんだ」とポロリと言おう。それが僕のささやかな夢(?)である。


    「それさえも おそらくは 平穏な日々」マンガ:たがみよしひさ
    ※今回で「回顧録」は最終回です。もしかしたら、こんな話を不定期で書くかもしれませんが、
    それはまたその時に。くだらない話にお付き合いいただきありがとうございました。
    | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>