もりのきBLOG「おそらくはそれさえも平穏な日々」 旅の家 北海道・小樽 杜の樹より

| CALENDAR | INFO | ENTRY | COMMENT | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | PICK-UP | OTHERS |
| The Otarunai Backpackers' Hostel MorinoKi |
歌ウコトノハ 23:28
0

    僕は楽器はやらない。
    というか、カラオケもやらない。
    だからといって音楽が嫌いなわけではない。
    杜の樹では音楽は常に何かしらかかっている。
    特に嫌いな音楽はないが、好んで聞くのはJAZZかな?
    ロックも好きだし、レゲイやスカも聞く。もちろん日本の曲だって好きだ。
    CDだって結構持っている方だと思う。無造作に集めてはいるが。
    宿には幾枚かのレコードもあるし、もちろんプレーヤーもある。(実は3台ある)

    でも、歌も楽器もやらない。

    ていうか、楽器は全くできない。

    杜の樹には、ギターもあるし、オルガンもある。
    どこかにハーモニカやリコーダーもある。
    ムックリだってある。
    カホンを作ろうかと真剣に考えている。

    でも、僕は楽器はやらない。

    なんか、こういった宿をやっているオーナーは、楽器をやっていて、夜な夜な自慢の喉を披露する人が多いとか。
    僕も、よく聞かれる。
    「やらないんですか?」と。
    「うん。やらない。」と、自信いっぱいに答える。

    だって、できなんだもん。


    たとえば、美味しい料理を食べに行く。
    その時思うのは、
    「あー、美味しかった。また食べにこよー。」と思う人と、、
    「あー、美味しかった。どうやって作ったのかな?」と思う人に分かれる。
    料理でいえば、僕は後者である。
    だから料理は好きで、作ってみたくなるし、実際に作ることも多い。(かみさんは前者)

    で、音楽だって同じようなもので、いい音楽を耳にした時、
    僕は「やってみたい」と言うより、「また聞きたい」と思うのだ。
    聞くのが好きなのだ。

    ただそれだけのこと。


    杜の樹では、ライブもやらない。
    一度だけ、音座なまライブ(今年は10/11開催)の会場になったことがある。(写真はその時のもの)
    またやって欲しいというオファーはあるけど、僕としては「うちなんか来るより、もっといい店が小樽中にあるからそっちに行って欲しい。うちの泊まり客もどんどん小樽中に送り出したいし」という思いなので、今のところ断っている。
    会場数も増えたしね。それでいいのだと思う。

    でも、完全にやらないというわけではない。
    ライブをやりたいという人がいたら、考えないでもない。
    それはその時に・・・

    ときどき旅人がギターを弾いてミニライブになることもある。
    尺八を披露してくれた女性もいた。
    三線の練習をしていた人もいた。
    オルガンでねこふんじゃったを弾く人は結構多い。

    楽しんでくれるなら、自由にうたってもいい。


    そうそう、たとえば、
    「宿屋を中心に投げ銭ライブの旅!」
    という企画で、北海道ツアーをする人がいてもオモシロイかも。
    そういう人がいたら、ひとくち乗らせてもらうかも・・・


    来年あたり、一度ぐらいライブをやってみようかな?
    やりたい人がいたらだけど・・・
    「歌ウコトノハ」音楽:和田京子
    | Keep on walkin' 1999-2009 | comments(0) | posted by masa - -
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>